鬱の症状を感じたら病院へ【なかなか解消されない不安を撃破】

気力がないと感じたら

聴診器

良い病院を見つけよう

鬱になることは誰にでもあります。原因ははっきりわからないのですが、たとえば、日ごろからの精神的な疲れをこらえて我慢し続けていると、何の楽しみも感じなくなってしまい、気力を失い、気だるさだけがいたずらに長引き、最悪の場合、もう死にたいとすら考えるようになってしまいます。はっきりと言えることは、鬱は病気なのです。周りの人が理解してくれるとも限りませんから、これほど辛い病気はないかもしれません。少しでも自分にそのような症状があると感じたら、病院に行ってみるのがよいでしょう。病院を選ぶ上で基本的な基準があります。まず精神科または心療内科がよいでしょう。というのは、確かに内蔵のどこかが悪いことが原因で鬱のような気だるさを感じる場合もありますが、そのようなことも含めて、まずは精神科とか心療内科がよいのです。その上で、内蔵疾患に原因がある可能性があるなら、その専門医に見てもらうのがよいでしょう。したがって、精神科や心療内科でも、しっかりと見極めてもらえる病院がよいでしょう。友人や知人に聞いてみて、症状に対する的確な診断ができるのかをチェックするとよいでしょう。また、お医者さんでも鬱の患者さんに対するやさしさも必要です。専門的な知識が豊富でも、鬱を患っている人に対する応対ですから、普通の患者さん以上のやさしさ、丁寧さも必要になるでしょう。それらのやさしさに関して、病院の評判をチェックする必要もあります。これもやはり、友人や知人の体験談やインターネットを利用した評判を調べてみる必要があります。よい病院が見つかったら行って診てもらうと良いのですが、費用のことも心配になってしまいます。診察料もありますが、高い薬を何種類も、そして何週間分も処方されてしまうと、薬の費用だけでもばかになりません。鬱になると仕事を休みたいが休んだら仕事を辞めさせられてしまうかもしれないとか収入が減ってしまうとか、経済的なことも心配材料です。それらの心配が増えると当然、鬱の症状は悪化してしまいます。自分の体をいたわり、心配材料を極力減らしていくことが大事です。そのためには、あらかじめ職場に事情を話して、多めの休暇を取るようにしたりすることも必要かもしれません。たとえまだ鬱との診断を受けていなくても、すでに鬱の症状を感じているのですから、念のために家族の理解と職場の上司にお話ししておくことも安心を得るための一つの手段です。さらに、病院の評判をチェックするとき、体験談などが載っているページがあるなら、それも見ておくとよいでしょう。同じような苦しみを味わった人たちと、その病院で診察を受け、適切な治療を受けたことで、改善していく様子がわかるなら、これで希望が見えてくるかもしれませんし、少しでも不安を取り除くこともできるでしょう。中には自分よりもっと大変な状況の中で、治療を受けつつ改善していったという話もあるかもしれません。自分はまだましだなどなど、それなりに不安材料を払拭できるなら、それもよいのではないでしょうか。またお医者さんたちの顔写真などのあるページもよいでしょう。やさしそうなお医者さんたちばかりの写真が並んでいるなら、それも好感アップとなることでしょう。

カウンセリング

更年期障害から発症

40代から50代で鬱病になる人の中には、更年期障害から発症する人がいます。更年期障害はホルモンバランスが乱れやすくなり、精神的に不安定となることから鬱の症状が出ることがあります。その更年期障害は女性だけでなく男性もなります。

男性

薬で治せる精神の病

精神状態が不安定になった時はクリニックに行って、何が原因であるか調べると対策がしやすくなります。鬱の症状に効く薬には複数の種類があるので、困っている問題に合わせた治療を受ければ精神の負担を軽くできます。

男性

共通する性格があります

気分障害や意欲の低下など、鬱の症状に悩まないように、自分の性格を知り、日ごろからできるケアの仕方を学ぶ事も大事です。作り笑顔でセロトニンを分泌させ、気持ちを落ち着かせたり、カウンセリングに通い、相談できる環境作りも重要になります。

Copyright© 2018 鬱の症状を感じたら病院へ【なかなか解消されない不安を撃破】 All Rights Reserved.